肌に優しいクレンジングで乾燥知らず!

クレンジングだけで肌は変わる

乾燥肌になる、肌荒れを起こす、皮むけを起こす…

女性の肌トラブルのほとんどは洗顔とクレンジング。特にクレンジングが凶悪な存在となります。

クレンジングを変えるだけで鏡の前が楽しくなります。

ではどんなクレンジングが肌に優しい、かつメイクもバッチリ落ちるのか見てみましょう。

メイク成分を浮かすことが悪い!?

クレンジング剤の役割は、油性のメイク成分を溶かして落ちやすくするものです。

このメイク成分の油性というのがポイント!

実は美肌に欠かせない保湿成分も油性なんです。これは皮脂をイメージする人が多いですが、皮脂ではなくて細胞間脂質というものです。

セラミドって聞いたことないでしょうか?

あれのことと考えてもらってO.K.です。

セラミドは肌の保湿機能のほとんどを担っています。さらに、花粉やチリ、ハウスダストといった肌荒れ原因をブロックしたり、紫外線もある程度防いでくれる大事な保湿成分です。

ところがこのセラミドは油性なので、クレンジングでガンガン溶けてなくなります。つまり、メイクをしっかり落とそうとすると、それだけセラミドも減ってしまう。つまり乾燥するし肌荒れもするし、お化粧のりも悪くなってしまうということ。

クレンジングでメイク成分をしっかり落として、肌に負担をかけないようにしなくちゃ!というのが逆効果になっている女性が多いんです。

だからクレンジングというのは100%肌に優しいものは存在しません。できるだけ肌に優しいもので、間違った使い方をしないというのがポイント。肌が綺麗な女性はこれが守れています。

毛穴の黒ずみもクレンジングが原因

肌にきついクレンジングが毛穴の黒ずみの原因となります。

さきほどのセラミドが肌から減少すると、肌水分量も減少して角質細胞に柔軟性がなくなります。また夜寝ている間のターンオーバーも乱れて新しい細胞が作られづらくなり、毛穴周辺の肌細胞が硬くなってしまいます。

毛穴から誰だって皮脂が出ますが、本来毛穴は余分な分を自らキュッと絞り出す機能を持っているので詰まりません。でもセラミド不足の毛穴は硬いので、自分で押し出せず皮脂が停滞。酸化して黒く残ってしまいます。

肌に優しいクレンジングの条件とは?

クレンジングの役割はあくまでメイク成分を浮かすためです。毛穴の汚れを取るものではありません。同じく角質を落とすものではありません。

クレンジングにそこまでの役割を求めると、同じく油性であるセラミドも一緒にガッツリと減少します。そういった役割は洗顔でやるべきなんです。

だから、クレンジングに強力な機能を求めちゃダメ。

ただ例外があって、油分でメイク成分を落とさないようなものなら、クレンジングで毛穴汚れや角質落としも可能になります。油分がずっと肌に残るからセラミドが減少してしまうのですから当然です。

しかし油分がないとガクンとメイク浮かし機能が落ちてしまいます。

メイク浮かしの機能(機能性) + 油分ではない(肌への優しさ)

この2つを兼ね揃えたものが肌に優しい、かつメイクがきちんと落ちるクレンジングということです。