1. トップページ
  2. クレンジングを間違えると肌のトラブルがおきるかも!

クレンジングを間違えると肌のトラブルがおきるかも!

肌のトラブルは女性にとって大きな悩みです。

ニキビや吹き出物、乾燥、シミやシワという老化現象などもありますね。

実は肌トラブルの原因として「間違ったクレンジング」があると言われています。

間違ったクレンジングとは

  • ゴシゴシ顔を洗う
  • 石けんやクレンジングを大量に使って何度も洗う
  • メイクをしていない日もクレンジング剤を使用する

→過剰に皮脂をとりのぞいてしまう。肌が乾燥しがちになり、潤い感がなくなってシワやたるみなどの原因になりやすい。また肌への刺激が大きく、吹き出物などを悪化させやすい。

  • メイクにあわせたクレンジングを行っていない
  • 面倒でぱっと水で洗い流すだけ
  • クレンジングはするがしっかりすすいでいない

→こちらは逆に「きちんとメイクや汚れが落ちていない」ためのトラブルがおきやすくなります。例えば毛穴に皮脂が詰まったり汚れが詰まったりしてニキビの原因になります。

メイクを落とすためのクレンジングはもともと肌への負担が大きいものです。メイクアップ用品には大量の油分が含まれている物が多いので、一般的には石けんでぱっと顔を洗っただけではメイクがきちんと落ちません。

そこでさまざまなクレンジングが出ているわけですが、「やりすぎ」「落としすぎ」で負担をかけることによって、逆に肌が乾燥しやすくなったりもします。

要するにクレンジングを「やりすぎる」「やらなさすぎる」というパターンが肌トラブルを招く原因と言えます。

正しいクレンジング方法を行い、自分の肌やメイク用品にマッチした、もっとも肌への負担が少ないやり方を見つけましょう。