1. トップページ
  2. クレンジングの種類とメリット・デメリット

クレンジングの種類とメリット・デメリット

クレンジングの種類とメリット&デメリット

クレンジングオイル

オイルを顔になじませて洗い流す、あるいは拭き取るタイプのクレンジングです。

メリット
メイク用品には油分が含まれているので、それを「油分」でなじませることでメイクがきちんと落ちます。メイク落としの力が強いのがメリットです。

デメリット
クレンジングオイルの油分が肌に残ってしまう事がデメリットです。またクレンジングオイルの後にどうしても「さっぱりとした洗い流した感じ」が欲しくなるので石けん洗顔をすると思いますが、このダブル洗顔によって必要な皮脂まで奪いとってしまうといったデメリットもあります。

ローションクレンジング

クレンジング剤をコットンにとってそれ化粧を拭き取るタイプのクレンジングです。既にローションが含まれたシート状になっているものもあります。

メリット
シートタイプは携帯にも便利です。疲れて帰宅した時などもシートで拭き取るだけでメイク落としが完了する手軽さがメリットです。
デメリット
ローションの洗浄力をあげるために刺激の強い成分が配合されているものも多く、見極めが大切。洗浄力が強いタイプは肌への負担も大きいのがデメリットです。

ジェルorミルクタイプ

ジェルやミルクタイプのクレンジング剤を肌になじませて落とします。

メリット
ノビもよく肌になじませやすいのがメリットです。肌への刺激が少ないのもメリットです。

デメリット
手軽に使いやすいのですが、洗浄力は落ちます。